債務整理や過払い金返還請求の実績も多数。

米村司法総合事務所
まずは安心・納得の無料相談会実施中 福井エリアにお住まいの方はこちら
まずは安心・納得の無料相談会実施中 川崎エリアにお住まいの方はこちら
まずは安心・納得の無料相談会実施中 八戸エリアにお住まいの方はこちら
まずは安心・納得の無料相談会実施中 十和田エリアにお住まいの方はこちら

住宅ローンがある方の債務整理

個人再生手続は、任意整理では借金の返済をしていくことができないが、自己破産は避けたいという場合に選択される手続きです。個人再生手続は、多額の債務のある個人債務者について、裁判所の監督のもと、債務の一部を弁済する再生計画を立て、それを実行すれば、残りの債務が免除される制度です。この個人再生手続きの1番の特徴は、住宅を手放すことなく、その他の借金を整理することができる点にあります。また、任意整理と比較して、個人民事再生手続では元本を大幅に減額することが可能です。

個人再生の3つのメリット

自宅を手放すことなく借金を整理できる
「住宅ローン特則」を利用すれば、住宅ローンの返済方法を見直して、マイホームを手放さずに借金整理ができます。
住宅ローン以外の借金を原則として5分の1に減額できる
個人再生は、資産を維持しながら、住宅ローン以外の借金を原則として5分の1に減額して、原則3年間の分割払いで返済することにより、借金問題を解決する手続きです。 例えば、2000万円の住宅ローンが残っていて、その他に400万円の借金がある場合、住宅ローンをそのまま支払えば、その他の借金は100万円まで減額され、これを原則3年間で返済できれば、残りの300万円の返済は免除されます。
返済窓口を一本化
債務整理後の返済手続きは米村司法総合事務所が代行いたします。複数の金融業者から借入をしている場合、債務整理後の返済は整理前と同様に、それぞれの窓口への支払となります。特に借入社数が多い場合は、借金は整理出来ても、返済手続きの負担はそのまま変わりません。そこで、米村司法総合事務所では依頼者の負担を減らすため「返済代行システム」を導入しております。このシステムを利用すると、整理後の返済金支払先は当事務所に一本化され、当事務所が業者への送金を代行する事で、依頼者の手間を軽減する事が出来ます。
メールでの相談予約はこちら